2007年09月30日

イチロー残念!首位打者に一歩届かず・・・

イチローが2007年のレギュラーシーズンを終了しましたが、残念ながら3度目のアメリカンリーグ首位打者のタイトルは獲得出来ませんでした。

1.オルドネス(DET) .363
2.イチロー(SEA)  .351
3.ポランコ(DET)  .341

終盤で一度追いついただけに、かなりの確率でタイトル奪取を期待したのですが、オルドネスが予想に反してラスト数ゲームでヒットを量産して打率を3割6分台まで押し上げてしまい、逃げ切られてしまいました。
イチローもここ数年後半に入って疲れからか失速するシーズンが続いていたのですが、今年は最後まで高打率を維持して頑張っていましたので、今回は相手を褒めるべきでしょう。

ただ、最多安打のタイトルは独走での獲得!
こちらは2年連続4度目のリーグ最多安打となりました。

1.イチロー(SEA)  238
2.オルドネス(DET) 216
3.ジーター(NYY)  206

これだけのメジャーの顔ぶれの中で、2001年から7年間続けてトップクラスに君臨し続けていることは本当にイチローの凄さを改めて感じます。
ちなみに今年の打率.351は自身2番目の記録であり、1番はもちろんメジャー最多安打記録262本を樹立した2004年の.372です。

残念ながらイチローの所属するシアトルマリナーズは最後に失速してしまいア・リーグ西地区2位となったもののワイルドカードでのプレイオフ進出はなりませんでした。

来年こそはマリナーズのプレイオフ進出とワールドシリーズ制覇を期待しています!!

それでは、See you next time !!
ラベル:イチロー
posted by ゆっくん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。